においケア

すそが(すそワキガ)とは? 原因と対策方法

すそが(すそワキガ)とは?

すそワキガ

すそが(すそワキガ)とは外陰部、いわゆるデリケートゾーンからワキガの独特の臭いがする症状です。
ワキガ体質の方は必ずしも、すそが(すそワキガ)と限りませんが、すそが(すそワキガ)である可能性があります。
女性だけではなく男性もワキガ体質の方は、すそが(すそワキガ)の可能性はあります。また女性の場合は生理やおりものと混ざって違った臭いがする場合もあります。

すそが(すそワキガ)の原因とは?

ワキガの原因であるアポクリン腺(大汗腺)は主に脇の下、耳、まぶた、鼻の穴、乳輪、陰部、肛門、へそなど決まった部分にあります。
ワキガと同様にアポクリン腺から分泌される汗の成分はタンパク質や脂質、脂肪酸、鉄分、尿素、アンモニアなどで水分が少なく毛穴を通して外に出てくる粘り気のある乳白色や少し黄色の汗です、汗の量は一定の周期でジワジワと出てきます。
アポクリン汗腺から排出される汗と皮脂腺が揃い皮膚にいる常在菌に分解されると、ワキガの独特の強い臭いが発生します。

また陰部の場合は下着やパンツなどで蒸れやすくなる為、臭いがこもり強く感じる場合があります。

すそが(すそワキガ)は自分で治せる? 対策方法は?

デリケートゾーン用の抗菌効果や殺菌効果のある石鹸で洗って清潔にしましょう、ナイロンタオルなどで過剰にゴシゴシ洗うのは肌に炎症を起こす場合もあり逆効果です。きっちりと泡立てて優しく洗うようにしましょう。清潔にする方法はある程度の対策は出来るかもしれませんが、ワキガと同じ体質ですので自分で治す(完治させる)事は出来ません。
体質改善として食生活の見直しで動物性たんぱく質や脂質を多く接種すると臭いが強くなる事もあります。また飲酒やタバコもアポクリン汗腺を刺激して臭いが強くなる場合もありますのでお酒やタバコを控える事も大事です。
毛が生える所に雑菌は多く繁殖する傾向にありますので脱毛も効果があります。

治療以外では、食生活の見直し、部位を清潔にする、適度な運動をする、ストレスを軽減させる、などである程度の体質の改善をし臭いを軽減させることは可能だと思います。

すそが(すそワキガ)セルフチェック方法

耳垢がべたついたり、湿っているだけでワキガとは限りません。ですが、耳垢とワキガは深い関係にあり、アポクリン汗腺はわきの下、乳輪、外陰部、そして耳穴など特定された所にある汗腺です。
耳垢が湿ったりべたついて特にドロドロしている方はワキガの可能性が高いと言えます。
他には耳の中の毛が太く多いのもワキガの可能性が高いと言われています。

ワキガは簡単に言いますと遺伝的に受け継がれやすいものです、これを優性遺伝と言います。
両親が共にワキガの場合は約70%~80%で遺伝し、どちらか一方がワキガの場合は約30%~50%で遺伝すると言われています。

メカニズムはわきと同様で、わきの他にも外陰部にもアポクリン汗腺があります。陰部はより蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい傾向にあるので嫌な臭いを発生しやすくなります。

毛が濃く、陰毛が太いということは毛穴が太くアポクリン汗腺も多いということになります。ワキガ臭の原因であるアポクリン汗腺の数が多いと、すそが(すそワキガ)の場合があります。
注意として毛の量=ワキガではないという事です。

アポクリン汗腺からでる分泌される汗には衣類に黄色い色素が含まれていますので下着黄色くなってしまうことがあります。アポクリン汗腺が活発だと下着が湿っている症状もあります。
尿やおりものでも黄色い染みができる場合もありますので、どの部分が黄ばんでいるかの確認もしましょう。

パートナーとの性生活において指摘されたことがあるのならば、すそが(すそワキガ)の可能性は十分にあると考えられます。

ワキガと同様に、すそが(すそワキガ)も優性遺伝のです。
ワキガで悩んでいる方は、すそが(すそワキガ)も併発している可能性があります。

HOMEに戻る

    -においケア
    -, , ,

    © 2022 【2022年】ワキガの予防、ケア・悩み対策、対処法、原因を徹底解説!