わきが(ワキガ)のセルフチェック!

わきが(ワキガ)かどうかはご自分の嗅覚では分かりにくく知るには困難です。
この項目の1つにチェックが付くからといって、わきが(ワキガ)であるというわけではありません。
これらのチェック項目が多ければわきが(ワキガ)の可能性が高いということになります。
まずはセルフチェックでどのくらい可能性があるのか見てみましょう。
わきが(ワキガ)のレベルとケア方法も記載しています。

ワキガとは、脇の下から独特の臭いを発生する体質・症状のことです。ワキガの方はアポクリン汗腺が多い傾向にあります。

アポクリン汗腺から分泌された汗やタンパク質やなどが常在菌により分解されることで、独特な臭いが発生します。

多汗症は汗が過剰にでる症状で特に臭いがあるわではなくワキガとはまた違う症状です。ですが密接な関係もあります。

外陰部から出る汗を原因とした臭いを「すそが、すそワキガ」、乳輪部から出る汗を原因とした臭いを「チチガ」と呼んでいます。

チチガは乳輪や乳首の周辺からワキガ臭と同じような独特の臭いがする症状のことです。「乳輪ワキガ」「乳首ワキガ」とも言われます。

アポクリン腺は第二次性成長期に一気に増加しますのでワキガになる時期でもあります。遺伝の影響も大きいのが特徴です。

腋臭症(えきしゅうしょう)・ワキガ症と言われており脇の下から特有の臭いを発する症状で発汗によって臭いも強くなります。

厚生労働省にも病気として認められています。ただし美容上の問題と考えれば病気扱いではなく体質と考える人も多くいます。

多汗症とは脇だけでなく手のひら、顔、頭部、足の裏など限局した場所に過剰の汗をかく疾患です。また全身に多量の汗をかく全身多汗症もあります。

人によって感じ方は違いますので例えが難しいですが、劣化したプラスチックの臭い、硫黄の臭い、鉛筆の芯の臭い、スパイスのような臭い、チーズっぽい臭い、などと言われていいます。

ワキガは体質ですので遺伝します。他人から感染する事はあり得ません。一般的に両親がワキガ体質の場合は約70%~80%で遺伝すると言われています。

ワキガ・多汗症・チチガ・すそが(すそワキガ)の一般的な予防・ケア方法

ワキガの予防法・対処法・ケア方法・治療方法

ワキガの予防法・対処法・ケア方法・治療方法について、ワキガ予防に良い食べのもは何か?どうやって臭いを軽減する?など細かく説明しています!

多汗症の予防法・対処法・ケア方法・治療方法

多汗症の予防法・対処法・ケア方法・治療方法について、出来る限りご紹介いたします!多汗症は色々な要因で発症するので自分での判断はやめましょう。

チチガの予防法・対処法・ケア方法・治療方法

チチガの予防法・対処法・ケア方法・治療方法について、少しでもチチガの悩みが解消できるようにケア方法などご紹介いたします!基本的にはワキガと同じです。

すそが(すそワキガ)の予防法・対処法・ケア方法・治療方法

すそが(すそワキガ)の予防法・対処法・ケア方法・治療方法について、陰部からの臭いが軽減できる方法をご紹介いたします!基本的にはワキガと同じです。

ワキガ・多汗症・チチガ・すそが(すそワキガ)の主な治療方法

ワキガ・多汗症・チチガ・すそが(すそワキガ)のお勧めケア方法

まとめ

万歳している女性

体質とはいえ人に不快にさせてしまうワキガ臭、しかも自分では気が付きにくいのがまた厄介なものです。ワキガかも?と思ったらまずは「セルフチェック」をしてワキガ体質の可能性を見てみましょう。「多汗症」「ワキガ」の汗や臭いは食生活、生活習慣の改善や予防で十分に対策ができます。「チチガ」「すそが(すそワキガ)」も同じように予防・対策ができます。

ワキガはうつる!多汗症はワキガだ!など間違った知識は自分だけではなく他の人にも傷をつけてしまう事があります、しっかりとワキガの原因やメカニズムの基礎知識を学びましょう。
治療方法はメリットとデメリットが必ずありますので、治療を検討している方は専門医に恥ずかしがらずに現状を伝えご相談・カウンセリングをし、お互いが納得いくまで話し合って進めましょう。治療には信頼関係が大事ですので直ぐに手術を勧めるような所は極力避けた方が良いです。

私個人の意見ですが、ワキガ臭や多汗症を予防・ケア・対策すると人生が変わると思っています!
このサイトをご覧になった皆様も悩みから解放されることを望んでおります。

HOMEに戻る

© 2022 【2022年】ワキガの予防、ケア・悩み対策、対処法、原因を徹底解説!